副業でせどりをやっている人も多いですが、そもそもどのようにお金を稼ぐのでしょうか。
簡単に言うなら、仕入れ価格よりも高い金額で売ることで、その差額で儲けるのが目的なのです。

例えば、100円で仕入れた古本を、150円で売ることができれば、50円の利益となるわけです。
場合によっては、1回で数千円もの収入を得られるかもしれないので、上手くいけば相当な稼ぎになるのです。

ただ、なぜ仕入れ価格よりも高い金額で売ることができるのでしょうか。
例えば、近くにお店がなかったり、あるいは欲しい商品が見つからなかったりすれば、ネットで購入する人も多いわけです。
そのような人は、多少価格が高くても購入するケースが多いですから、それによって仕入れ価格よりも高く売れるのです。

また、あまり在庫数が多くない商品などは、購入してしばらくすれば、価値が急激に高くなる可能性もあるわけです。
そういった商品を上手く見極めることができれば、より多くの利益を得ることができるのです。

このような理由から、せどりを副業にすることができるわけですが、もちろんリスクが伴う副業でもあります。
当然ですが、必ずしも仕入れ価格よりも高く売れるとは限りませんし、それ以前に売れるかどうかすら分からないわけです。
そうなれば、利益どころか逆に赤字になってしまうので、お金を稼ぐつもりが損をしてしまうことになりかねないのです。

したがって、最初からいきなりたくさんの商品を仕入れるのではなく、少しずつ取り組んでいくのが望ましいです。
そうすることで、だんだんとコツを掴んでくるでしょうし、売れる商品を見極められるようになるのです。

関連記事

Sponsored links
トラックバックURL

ページ上部に